TOP

自然派風俗!イモっぽい風俗嬢いないかなー?

五反田の風俗で店舗は生き残れるのか?

『五反田の風俗』と聞くと沢山のジャンルのお店が想像できます。しかし、実際に地域に根付いたお店の数を考えるとウェブ検索などで出てくる情報よりも圧倒的にその数は少なくなってしまうでしょう。現代の風俗特有の状況でもありますが、本来の店舗型ファッションヘルスだけではなく、派遣型のデリバリーヘルスも存在していることがその理由になってきています。五反田の場合、小さいながらに風俗街とい呼ばれるようなエリアが街の一角に存在しています。その範囲は広くても500㎡の範囲でしょう。五反田の場合は店舗の物件が多いだけではなくエリア内にラブホテルなども多く存在していますので、実際に路面にお店を構えているファッションヘルスは意外に少ないです。すると、『五反田の風俗』というものに該当する店舗の90~95%はデリヘル店となってしまっています。現在の世の中では、気軽に新規出店できる「デリヘル」は地域を選ばずに出店が可能となっていますので、今もなお増加傾向にあるでしょう。しかし、特定の地域固有のお店かといわれれば当然そうではなく、近隣の地域をまたいだ運営展開をしているものです。ですので、ウェブ検索を見ての通り、派遣型ヘルスは『五反田 風俗』というワードでは、目立つことがないのです。最も大きな理由の1つとしては住所記載がない(できない)為、「確実に該当地域に存在するお店」としての情報力がないのです。そう考えると、昔からある既存の住所がある風俗店は非常に有利であり、様々な場面で露出する機会は多いです。特に、ピンサロ・オナクラ(イメクラ)・ホテヘル・ソープは実際に存在するものですから有利です。そういった面を考えると、しっかりと安定した運営さえできていれば、現代では低レベルな風俗というようなレッテルを張られ気味なピンサロなども十分に目立てる可能性があるのです。しかし、現実は非情なもので『五反田 風俗』でウェブ検索などをした際に目立つ多くのポータルサイトでは、風俗店情報を記載するページのほとんどがデリヘル店によって侵食されてしまっています。特に路面店が少ない五反田では、地域が築き上げてきた風俗文化を盗まれているようにも感じられるでしょう。確かに「風俗」という言葉は一般的過ぎて気軽に扱えてしまう言葉にはなってしまっています。ですので、現実的な住み分けは非情に難しい面がありますが、店舗型風俗店こそがまさに『風俗店』という認識が残っている限り、これからも何とか生き残っていく手段は残されていると考えることができるでしょう。


プロばっかりの私

あまり周りには大きな声で言えませんが、私は未だに月に数回デリヘルで遊んでいます。風俗で遊ぶこと自体は、何も恥ずかしいことではないと思いますが、私は完全なる素人童貞です。もう30歳を超えて周りはたくさん結婚している中、未だに素人の女性とお付き合いしたことがないのです。自分で言うのも変ですが、見た目はそこまでブサイクというわけでもなく、何が原因なのかイマイチわかっていません。可能であればデリヘルに頼ることない人生を送りたいと思っているのです。どうしたら良いのか分からず、最近はデリヘル嬢にその原因を教えてもらっているところです。男性と女性の視点はやっぱり違いますので、女性の率直な意見を聞きたいのですが、デリヘル嬢は客商売ですので、あまり悪い意見を言ってはくれません。お客さんですので当然といえば当然ですが、それでは何も解決しないのです。そんな悩みを持ちながら何年も経過しており、これから先も当分はデリヘルに頼っていくことになるのでしょう。


キャバクラ店の経営者はいい加減

キャバクラ店の経営は非常ににいい加減だなと感じることがあります。というのも、実際の店舗運営の話ではありません。ウェブサイト周りについてそのようなイメージを抱かざるを得ない状況なのです。今の世の中、ウェブサイトという存在を無視することはできません。しかし、キャバクラ店の多くはそれらを重視しない傾向が強いと感じられます。もちろん店舗が実在しているわけですし、利用者も街を歩いている時にフラっと立ち寄ったりすることが多いからだろうとは思います。それにしても、だからといって全く無視するというのも限度があるような気がします。とはいっても、ウェブサイト自体を所有していない店舗も未だに多く、それはそれでアリな気もします。そんな中、最もタチが悪いのが中途半端にサイトを作っていて、全く更新されないようなサイトを運営している店舗です。情報が更新されず女性の顔や雰囲気も分からない店舗の情報を見て『そのお店に行きたい』と思わせることができるでしょうか?できないですよね。あまりにも杜撰すぎるその現状にツッコミを入れたいくらいの状況です。百歩譲って店舗サイトならばお店自身の問題ですからいいのですが、そんなモチベーションのお店が求人にはなんだかんだで力を入れていることが多いです。グループの求人サイトを作っているならば店舗サイトと大差はありませんが、ポータル求人情報サイトを作っている店舗がいるからあきれます。しかも、それをこぞって沢山の店舗が行っている状況です。その状況で予想が付くのが、店舗サイト自体をしっかりと運営できていない状態でポータル求人サイトに手を出してもサイトのクオリティーはたかが知れているということです。やたら『高収入』『アルバイト』『求人』と繰り返すだけの求人サイトを誰が見たいと思うでしょうか。私が言いたいことは、キャバクラは見た目が大事な業種です。そんな業種で多くの人が目をとめるようなサイトの見栄えが非常にチープなものであったらどのような印象を得るでしょうか?なんだか勢いがなく誰にも相手にされないような感じになってしまいますよね?要は、適当にやってても形にはなってるでしょうが、やるならお金と時間をかけてしっかりやって欲しいということです。グループの求人サイトでそんなレベルの低い事をしてしまったらその会社自体が評判を落としてしまうとわからないのでしょうか。何にしても、サイトを見る人からすればキャバクラで働きたくて求人情報を必死で探していることでしょうから、そういった女性達に迷惑がかかるようなことだけはやめてもらいたいなと思います。